THE CULTURE CODE
最強チームをつくる方法

未 読
THE CULTURE CODE
ジャンル
著者
ダニエル・コイル 楠木 建(監訳) 桜田 直美(訳)
出版社
かんき出版 出版社ページへ
定価
1,728円
出版日
2018年12月03日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
THE CULTURE CODE
THE CULTURE CODE
最強チームをつくる方法
著者
ダニエル・コイル 楠木 建(監訳) 桜田 直美(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
かんき出版 出版社ページへ
定価
1,728円
出版日
2018年12月03日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

仕事への熟達やヒットを生む創造力の強さが世界的にも証明されている「最強のチーム」といえば、グーグルやピクサーなどの組織が連想される。しかし、いくら強いリーダーや優秀なメンバーがそろっていても、すべての組織が優秀なチームになれるわけではない。では、チームづくりのカギはどこにあるのか。膨大なインタビューと科学によってその秘密を解明するのが本書である。

著者によれば、チーム力の原点は「日常の仕事での、ちょっとしたさりげない行動」にあるという。この驚くべき事実は、最強のチームの共通点を読み解くことで明らかになっていく。一見すると普通とも思えるような行動を習慣化することによって、チームの力は大きく変わっていくというのだ。

本書では、チーム力を鍛えるカギは、3つのスキルに集約される。「安全な環境」「弱さの開示」「共通の目標」だ。これらのスキルはなぜ重要で、具体的にはどのように行動すればよいのか。本書を読めば、その答えを得ることができる。

良いチームに最も必要なのは、強いリーダーシップや優秀な人材ではない。その事実は、読者に勇気を与えてくれるに違いない。本書を通して提案される行動は、シンプルでポジティブな人間観に基づいている。これらは知れば知るほど「普通」に思えるが、だからこそ誰でも、いつでも行うことができる。こうしたささいな行動によって強いチームが育まれるならば、一読の上、試してみる価値は大いにあるだろう。

菅谷 真帆子

著者

ダニエル・コイル
ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家。著作は『才能を伸ばすシンプルな本』(サンマーク出版)、タイラー・ハミルトンとの共著で『シークレット・レース:ツール・ド・フランスの知られざる内幕』(小学館)など。2012年、ウィリアム・ヒル・スポーツ・ブック・オブ・ザ・イヤーをハミルトンとともに受賞。「アウトサイド」誌コントリビューティング・エディター。大リーグのクリーブランド・インディアンス特別アドバイザーも務める。家族は妻のジェンと4人の子供。子供の学校がある時期はクリーブランド州オハイオで、夏の間はアラスカ州ホーマーで暮らす。

本書の要点

  • 要点
    1
    人間は、言葉以外の方法で「帰属のシグナル」を送ることで「安心できる関係」を構築している。「エネルギー」「個別化」「未来志向」という「帰属のシグナル」の3つの特徴を合わせることで、心理的安全性を確保することができる。
  • 要点
    2
    チームには、ぎこちない瞬間も必要だ。あえて言いにくいことを伝える瞬間など、気まずい瞬間を意図的に作り出すことで、チームに信頼感が生まれる。
  • 要点
    3
    成功しているチームは、部屋の装飾や簡単な標語によって、共通の価値観や目的を胸に刻み込んでいる。

要約

【必読ポイント!】安全な環境をつくる

帰属のシグナル
metamorworks/gettyimages

マサチューセッツ工科大学の研究者、アレックス・ペントランドによると、人間には「シグナルを出す」というコミュニケーション方法があり、誰もが無意識のうちに使っているという。私たちは、相手との距離の近さやアイコンタクトなどといった言葉以外の方法で「帰属のシグナル」を送ることで、「安心できる関係」を構築している。

帰属のシグナルには3つの特徴がある。他のメンバーとの交流を大切にする「エネルギー」、メンバーを独自の存在と認め、尊重する「個別化」、関係はこの先も続くという「未来志向」だ。この3つを合わせると、「あなたはここにいて安全だ」というメッセージになる。

人間の脳は、関係性のシグナルを敏感に感じ取っている。帰属のシグナルによって、脳に「危険の心配はないよ」というメッセージが送られると、脳は「つながりモード」にシフトする。この状態を「心理的安全性」と呼ぶ。

私たちの脳は、つねに「他の人からどう思われているだろう」と心配している。だから心理的安全性を構築するためには、脳と恐怖感の結びつきを理解し、帰属のシグナルを何度も送り続けなければならない。

つながりを壊す環境

一貫して失敗し続けるチームの事例として、アメリカの大陸間弾道ミサイル「ミニットマン」の発射チーム、「ミサイラー」がある。彼らは、本書に挙げられている2007年から2014年の間だけでも重大な問題を複数回引き起こしている。中佐が隊の腐敗を指摘したが、まったく効果がなかったという。

帰属のシグナルは、「私たちはつながっているか?」「私たちは未来を共有しているか?」「ここは安全な場所か?」という問いで測ることができる。これらすべての問いに対して「イエス」と答えられる環境こそ、メンバーが安心できる環境だというわけだ。では、ミサイラーの場合はどうか。

ミサイラーのチームは、物理的にも、社会的にも、感情的にもつながりが薄い。職場は寒くて薄暗く、設備が古い。ミサイラーの仕事は冷戦の終わりとともに時代遅れになってしまい、出世の見込みがない。何度も繰り返されるテストでは、毎回異様に長く細かい内容に完璧に答えることを要求される。何か問題が起こればさらに厳しいテストと規律が課され、隊員の士気が下がり、ミスを引き起こすという悪循環に陥っている。つまりミサイラーには、帰属のシグナルがまったく存在しない環境だといえよう。

ここでの問題は、人格や規律の不足ではない。所属する組織の文化に帰属のシグナルと安心感がないことだ。ミサイラーを辞めた人たちが立派なキャリアを築いていることからも、それがわかるだろう。

シグナルの送り方
metamorworks/gettyimages

安心できる環境をつくるためのマニュアルはない。必要なのは、すべてを見逃さない注意力と、シグナルを送るタイミングと相手を間違えない能力である。具体的には、相手の話をさえぎらずによく聞くことや、自分の弱さを認めること、悪い知らせを伝えてくれた人に心からの感謝を伝えることなどが挙げられる。

過剰なほどに「ありがとう」と伝えることも重要だ。アダム・グラントとフランチェスコ・ジーノによる実験をみてみよう。この実験では、ある学生が、履歴書を書くのを手伝ってくれる人を探しているという設定で行われた。手伝った人の半分はその学生から感謝され、半分は特に感謝されない。するとその後、別の学生から同じ頼みごとをされた際、感謝されたグループが頼みごとを引き受けた確率は、感謝されなかったグループの2倍以上になったという。誰かから感謝された人は、別の人に対しても親切になれるということがわかる。

それはなぜか。「感謝」という行為が、帰属のシグナルの役割を果たしているからだ。「ありがとう」という言葉は、安心、つながり、モチベーションを高めてくれる。著者の調査でも、成功しているチームほど感謝の言葉が多く、トップのメンバーがいちばん下のメンバーに対して積極的に感謝の言葉をかけているという。

弱さを共有する

ぎこちない瞬間を作り出す

著者は、「帰属のシグナル」がチームを団結させる「接着剤」ならば、信頼関係や協力関係はチームを動かす「筋肉」だという。卓越したチームワークには、お互いへの信頼を感じる瞬間が多く見られる。

一方、チームには、ぎこちない瞬間もある。あえて言いにくいことを伝える瞬間だ。たとえばピクサーの場合、「ブレイントラスト」と呼ばれる、製作中の映画を分析・改善する会議が該当する。その会議では、キャラクターに深みがない、ストーリーがわかりにくいといった問題点の指摘が次から次へと飛んでくるという。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
THE CULTURE CODE
THE CULTURE CODE
最強チームをつくる方法
著者
ダニエル・コイル 楠木 建(監訳) 桜田 直美(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
かんき出版 出版社ページへ
定価
1,728円
出版日
2018年12月03日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
THE CULTURE CODE
未 読
THE CULTURE CODE
ジャンル
スキルアップ・キャリア 自己啓発・マインド リーダーシップ・マネジメント
著者
ダニエル・コイル 楠木 建(監訳) 桜田 直美(訳)
出版社
かんき出版 出版社ページへ
定価
1,728円
出版日
2018年12月03日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

MBA 問題解決100の基本
MBA 問題解決100の基本
グロービス(著) 嶋田毅(執筆)
未 読
リンク
知的生産術
知的生産術
出口治明
未 読
リンク
右脳思考
右脳思考
内田和成
未 読
リンク
複業の教科書
複業の教科書
西村創一朗
未 読
リンク
伝わるしくみ
伝わるしくみ
山本高史
未 読
リンク
クレイジーで行こう!
クレイジーで行こう!
加藤崇
未 読
リンク
行く先はいつも名著が教えてくれる
行く先はいつも名著が教えてくれる
秋満吉彦
未 読
リンク
自意識(アイデンティティ)と創り出す思考
自意識(アイデンティティ)と創り出す思考
ロバート・フリッツ ウェイン・S・アンダーセン 田村洋一(監訳) 武富敏章(訳)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
女の機嫌の直し方
女の機嫌の直し方
黒川伊保子
未 読
リンク
2
実験思考
実験思考
光本勇介
未 読
リンク
3
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
ショーン・ヤング 児島修(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

自分なりの「問題意識」、見つけてみませんか
自分なりの「問題意識」、見つけてみませんか
2019.06.12 update
リンク
『新・魔法のコンパス』をビジネスパーソンに勧める理由
『新・魔法のコンパス』をビジネスパーソンに勧める理由
2019.06.11 update
リンク
出版社のイチオシ#015
出版社のイチオシ#015
2019.06.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年6月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年6月号)
2019.06.01 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
女の機嫌の直し方
女の機嫌の直し方
黒川伊保子
未 読
リンク
2
実験思考
実験思考
光本勇介
未 読
リンク
3
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
ショーン・ヤング 児島修(訳)
未 読
リンク
本質は相互の理解 『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』
本質は相互の理解 『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』
2017.08.25 update
リンク
0から1を生み出す楽しさを伝えたい
0から1を生み出す楽しさを伝えたい
2016.09.29 update
リンク